3月は…




3月3日は、ぴーちゃんのうちの子 記念日。

もう側にいないのは分かってはいるけれど

うちに来た日のことや一緒に暮らしてきた

月日のいろんなことを想い出していました。

最初は女の子ということで知り合いの方に

ゆずっていただいたこと。

家に着いて鈴ちゃんとのご対面。

鈴んちゃんが、籠から出ていると

ぴーちゃんも出してといってきました。

手乗りでなかったけれど

注意しながら出してあげたこと。

数年後にお腹がパンパンになって病院を探したこと。

そして最後の日の前日のこと。

亡くなった日のこと。

蘭ちゃんは、少し離れた場所から

ぴーちゃんを驚かせないよう、ずっと暑い場所から見守っていたこと。

ぴーちゃんのお葬式が終わり火葬を済ませ

初七日供養を済ませ

ぴーちゃんを連れて帰ってくると

蘭ちゃんにぴーちゃん帰ってきたよ。

って言うとお骨をクンクンしながら

シッポをふって嬉しそうにしていたこと。

ちゃんとぴーちゃんのお骨が入っていることを分かっていた蘭ちゃん。

なぜ蘭ちゃんを霊園に連れていかなかったのかは

絶対に泣き崩れてしまうことが分かっていました。

そういうところを蘭ちゃんには見せたくありませんでした。

火葬するときのぴーちゃんの姿も見せたくありませんでした。

きっと蘭ちゃんは、嫌だって言い出したと思います。

今年の8月でぴーちゃんが旅立って3年になりますが

何度となく桜文鳥の雛を見かけることがありましたが

今現在も、新しい子を迎えようという気持ちにはまだなれません。

パパが一度だけ、桜文鳥を迎えようかという話がでましたが

やはり駄目でした。

今月は、蘭ちゃんもうちの子 記念日があります。

今は、蘭ちゃんが楽しいと思うことをできる限りしたいと思っています。

困ったことにママの体調があまりよくないので

蘭ちゃんと2人で、お出かけすることができません。

ちょくちょくは、パパ運転で出かけてはいるんですが

写真が全く撮れていません。

体調が少し良くなるまで

お休みさせていただこうかと思っています。

遊びにきて下さっている方々に申し訳ありません。。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。