FC2ブログ

11月の終わりの獣医さんで。




毎月、一度は行く獣医さん。

血液検査も、異常なし。

エコー検査で、胆のうにも、全く泥もなし。

肝臓も、エコーで、診てもらいましたが異常なし。

数ヶ月前に、乳腺腫がないか

獣医さんに、チェックしてもらいましたが

これも、異常なし。

先生からをもらった蘭ちゃんです



でも…でも…

この週に、脾臓に腫瘍があることがわかった

ワンちゃんが、立て続けに3人?

飼い主さん、とても辛いだろうなっと思いました。



蘭ちゃんも、数年前

脾臓に2㎝ほどの腫瘍らしきものが

あることが、エコー検査で、わかったとき

半分?パニック&悪性のものだったら

どうしようと思ったことを、今でも覚えています。


蘭ちゃんの場合

脾臓を摘出する前に

輸血犬?として活躍していました。

脾臓の腫瘍が、破裂してしまい

急遽、輸血が必要なので

蘭ちゃんの血液を、と前の獣医さんから

電話が、かかってきたことも、何度もありました。


私自身、勝手に思っていることですが

今まで、脾臓だけではなく

蘭ちゃんの血液を必要としているワンちゃんにも

何度となく輸血をしてあげたこともあります。

元気になって、自宅に帰ってくれた子もいます。


そんなワンちゃん達が、蘭ちゃんのことを

見守ってくれていて

2度ほど、手術をしましたが

すべて良性の結果がでました。

今は、年齢も年齢だし、脾臓も摘出しているので

輸血は、できませんが。


こうやって、先生からもがもらえたのも

今まで、蘭ちゃんが、輸血犬?として

頑張ってくれたからかなと思います。



残念ながら、お空に旅立ってしまったワンちゃん達が

蘭ちゃんのことを、お空から、見守ってくれていたのかも

と勝手ながら、思ってしまいます。


来年の2月で、11才になる蘭ちゃん。

今の獣医さんに、変わったのも

なにかあったときのことを考え(何もないのが一番ですが)

予約制では、あるらしいけれど

往診をしてもらえるということなので

獣医さんを変わりました。


なにかあってから、獣医さんを変わるのも

どうかな?と思う気持ちもあったのと


今までの病歴や蘭ちゃんの性格なども

わかってくれている先生に診てもらうほうが

私達も、安心して診てもらえますしね。


今 通っている獣医さん

わからないことなどが、ある時も

いつも、丁寧にわかりやすく説明してくださいますし

聞き忘れて、帰ってきたときなど

電話をかけても

丁寧に説明をしてくれます。


これからの蘭ちゃんのことをいろいろ考えると

今の獣医さんが、

蘭ちゃんにとっても、私達にとっても、いいのかもしれませんね。



2015年12月10日 

寒がりの蘭ちゃん。

ベッドに入って毛布をかぶって、眠る蘭ちゃん


にほんブログ村

にほんブログ村 ゴールデンレトリバー


コメント

非公開コメント

No title

10才過ぎて検査結果が良好なのは、蘭ちゃんは健康優良児の証明ですね。
蘭ちゃんが輸血犬として活躍してきたことを知り感動しました。
輸血ができるワンコさんも、その飼い主さんも素晴らしいと尊敬いたします。
蘭ちゃんの寝顔は、見ているだけで癒されます。

No title

蘭ちゃん、何もなくてよかったです。
年末、ばたばたしますものね。
獣医さんを替えるというのは簡単なことですが、難しい部分もあると思います。こちらは往診はなくて、何があってもこちらから行かなくちゃいけません。
うちにもちょっと大変なこがいるので、往診があったらいいなーっと思ってしまいます。
蘭ちゃん、元気で長生きしてね!

そら太朗ママさんへ

いつも、コメント有り難う御座います。

ここ数年いろいろありましたが、獣医さんからe-278をもらってすごく嬉しく思います。
なかなかブログで書くきかいがなく
蘭が、輸血犬をしてきたことを書くことができませんでした。
私自身、獣医さんや、いろんなワンちゃんの飼い主さんと
いろいろ話していて、少しでも助けてあげられる子がいるので
あればと思い数年間ですが、蘭に協力をしてもらいました。
私自身も、献血を数度しています。

ほんと私も、蘭の寝顔を見ているとすごく癒されます。

ぷにゅママンさんへ

はじめまして。
コメント有り難う御座います。

いろんな検査で、蘭も嫌な思いをしているかもしれませんが
獣医さんから、e-278マークをもらって嬉しく思います。
今年は、義母が亡くなり、喪中のなので、あまりばたばたは、していませんが

実は…私が、体調を崩してしまい病院 通いをしています。

獣医さんを変えることには、あまり抵抗はありませんでした。
蘭の年齢が年齢なので、信頼ができる獣医さんを探すことに専念した ここ数年でした。
セカンドオピニオンが、駄目であれば、サードオピニオンと納得できるまで
獣医さんを探そうと、主人とも話していました。
ワンちゃんになにかあったとき、往診をしてもらえないと、本当に大変ですよね。

そちらでも、往診をしてくれる獣医さんが見つかるといいですね。

ここ数年いろんなことが、あったので
蘭には、元気で長生きしてほしいと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。