紫芋 届いたね。




25日に注文をして

26日に、紫芋 届きました。

前に買った紫芋がなくなる前、届いてホッとしています。

2015年12月27日 

届いた紫芋3㎏

寒いと傷みやすいので

1本づつ新聞紙で巻き巻き


そして、昨日届いたばかりの紫芋を、蘭ちゃんのおやつに

オーブンで、じっくり焼いて

焼き芋にしてあげました。

2015年12月27日1 

中は、こんな感じの紫色。

冷めるのを待っている間も、テンションアップの蘭ちゃん。

2015年12月27日3 

この写真を、撮るのも一苦労

だから、頭の上の部分が、きれちゃいました

蘭ちゃんの白内障の進行が少しでも遅れますように…。



にほんブログ村

にほんブログ村 ゴールデンレトリバー

メリークリスマス




今年も、後わずか…

今日は、クリスマスイブ。

特に何をするわけでもないけれど…

私(ママ)が、昔から好きだった曲。

















良ければ、聴いてみてくださいね。

皆さま。良いクリスマスをお過ごし下さい。



にほんブログ村

にほんブログ村 ゴールデンレトリバー



続きを読む

朝から大慌で獣医さん



12月12日。

パパと朝から、じゃれあってた蘭ちゃん。

あれ?!と慌てるパパ。

ママ!ここになにかできてるから、確認してと。

2015年12月12日 

この部分に、‘脂肪腫’らしきものが

慌てて、獣医さんに

この間、獣医さんからもらったのに…。

土曜日のちょうど、混んでいる時間帯でした。

2015年12月12日1 

蘭ちゃん。まったりしてるかと思うと

いろんな飼い主さんが、来るだびに起きあがって

ご挨拶をしてまわりました

みんなに大人しいねって言われて

撫でてもらった蘭ちゃん。


先生に事情を話して

コンデジ(一番上の写真)の場所に

‘脂肪腫’みたいなものが、できていることを話しました。

たぶん、‘脂肪腫’だと思うけれど

“肥満細胞腫”(癌)ということもあるらしく

注射器で、その部分の細胞をとってもらって検査をしてもらいました。

結果は、‘脂肪腫’でした。

大きくなって歩きにくそうとか

そういう場合は、手術をしたほうが

いいとのことでした。

‘脂肪腫’が、大きくならずに、いてほしいと思いました。




ここからは、さらっとながしてもらって結構ですが

先生から、聞いたことを書いておこうと思います。

“肥満細胞腫”(副作用なし)のお薬は、あるそうですが

蘭ちゃんの大きさだと

1日の薬代が、5.000~10.000円かかるそうです。

柴犬ぐらいの大きさの子でも

1日のお薬代が、5.000円ほどかかるとのことでした。

“肥満細胞腫”(癌)の場合、放射線治療しか効かないとのことでした。



にほんブログ村

にほんブログ村 ゴールデンレトリバー

11月の終わりの獣医さんで。




毎月、一度は行く獣医さん。

血液検査も、異常なし。

エコー検査で、胆のうにも、全く泥もなし。

肝臓も、エコーで、診てもらいましたが異常なし。

数ヶ月前に、乳腺腫がないか

獣医さんに、チェックしてもらいましたが

これも、異常なし。

先生からをもらった蘭ちゃんです



でも…でも…

この週に、脾臓に腫瘍があることがわかった

ワンちゃんが、立て続けに3人?

飼い主さん、とても辛いだろうなっと思いました。



蘭ちゃんも、数年前

脾臓に2㎝ほどの腫瘍らしきものが

あることが、エコー検査で、わかったとき

半分?パニック&悪性のものだったら

どうしようと思ったことを、今でも覚えています。


蘭ちゃんの場合

脾臓を摘出する前に

輸血犬?として活躍していました。

脾臓の腫瘍が、破裂してしまい

急遽、輸血が必要なので

蘭ちゃんの血液を、と前の獣医さんから

電話が、かかってきたことも、何度もありました。


私自身、勝手に思っていることですが

今まで、脾臓だけではなく

蘭ちゃんの血液を必要としているワンちゃんにも

何度となく輸血をしてあげたこともあります。

元気になって、自宅に帰ってくれた子もいます。


そんなワンちゃん達が、蘭ちゃんのことを

見守ってくれていて

2度ほど、手術をしましたが

すべて良性の結果がでました。

今は、年齢も年齢だし、脾臓も摘出しているので

輸血は、できませんが。


こうやって、先生からもがもらえたのも

今まで、蘭ちゃんが、輸血犬?として

頑張ってくれたからかなと思います。



残念ながら、お空に旅立ってしまったワンちゃん達が

蘭ちゃんのことを、お空から、見守ってくれていたのかも

と勝手ながら、思ってしまいます。


来年の2月で、11才になる蘭ちゃん。

今の獣医さんに、変わったのも

なにかあったときのことを考え(何もないのが一番ですが)

予約制では、あるらしいけれど

往診をしてもらえるということなので

獣医さんを変わりました。


なにかあってから、獣医さんを変わるのも

どうかな?と思う気持ちもあったのと


今までの病歴や蘭ちゃんの性格なども

わかってくれている先生に診てもらうほうが

私達も、安心して診てもらえますしね。


今 通っている獣医さん

わからないことなどが、ある時も

いつも、丁寧にわかりやすく説明してくださいますし

聞き忘れて、帰ってきたときなど

電話をかけても

丁寧に説明をしてくれます。


これからの蘭ちゃんのことをいろいろ考えると

今の獣医さんが、

蘭ちゃんにとっても、私達にとっても、いいのかもしれませんね。



2015年12月10日 

寒がりの蘭ちゃん。

ベッドに入って毛布をかぶって、眠る蘭ちゃん


にほんブログ村

にほんブログ村 ゴールデンレトリバー