アポキル錠(アレルギー・アトピーのお薬)



9月24日。

月一の獣医さん

一年ほど前から、ずっと気になっていた

蘭ちゃんの前足

なめたりするので

おハゲができ、タコまで・・・

塗り薬を塗っても、よくなったり

ひどくなったりの繰り返し・・・

2016年9月24日 

先生に、蘭ちゃんのお手手どうにかならないかと相談。

今年の7月?だったかに、日本でも認可がおりた

アポキル錠(アレルギー・アトピー)のお薬の話しが出て

試してみることに

ステロイド剤と、違い肝臓などに負担がかからないとのこと。

副作用といえば、吐き気と下痢がある子がいるとのこと。

まれに、めまいをおこす子もいるとのこと。

吐き気止めを飲ませたほうがいいのかなども

先生と相談しました。


昨年の暮れだったか?

ママの逆流性食道炎がわかり

ガスモチン錠(吐き気止め)を、調子の悪い時だけ飲んでいることを話し

その薬でもいいもいいですよ。

とのことでした。

ガスモチン錠は、ワンちゃんの胃捻転の時にも使うお薬だそうです。

アポキル錠とガスモチン錠をあげ始めて

約3週間

硬くなっていた皮膚(タコ)も柔らかくなり

今まで、痒がっていた痒みも治まってきました。

特に今のところ副作用などもありません。

蘭ちゃんにあう薬が見つかって

ホッとしています。

ただ・・・お値段が高い

でも、肝臓などが悪くなるような

お薬は飲ませたくありませんからね。

蘭ちゃんも、年齢が年齢ですしね。


にほんブログ村

にほんブログ村 ゴールデンレトリバー


スポンサーサイト

続きを読む

月一の獣医さん。



7月20日。


今日は、月一の獣医さんに

本当は、日曜日にも行ったんだけれど・・・

月曜日が、祭日なのを忘れていて

外注検査なので、できませんでした

お薬や白内障の目薬も

そろそろなくなる頃だったけれど

保険の関係で、今日に・・・

2016年7月20日 

病院に着いて、誰か来ないかなって外を見ている 蘭ちゃん。

2016年7月20日1 

受付の看護師のお姉さんのほうを見てみたり。

看護師のお姉さんに

平日って空いているんですか?と聞いてみると

朝一番から30分ほど前まで

たくさん来られていて

今一段落したところなんです。とのことでした。

蘭ちゃん。いろんな人に、挨拶回りできなくて残念だったね。

2016年7月20日2 

諦めがつかないのか

また入口のほうを見ている 蘭ちゃん。


外注に出す血液検査と

白内障の進み具合と

エプーリスが、大きくなっていないか診てもらいました。

白内障は、あまり進んでいないとのこと。

エプーリスも、大きくなっていないとのことでした。

少しホッとしたママです。


にほんブログ村

にほんブログ村 ゴールデンレトリバー

病理検査の結果。



ご無沙汰しています。


3月27日。

朝、目覚め少し3人で、ゴロゴロしていました。

そして、蘭ちゃんが大きなアクビ。

その時、上あごに、なにか出来ていることがわかりました。

慌てて獣医さんに、車を走らせました。

でも、学会に出席のためお休み。


自宅にいても、落ち着かないので

蘭ちゃんと3人で、ドライブ&公園に・・・


2016年3月27日

山の中には、まだ梅の花が咲いていました。

2016年3月27日1 

いつものように公園でボール遊びをする蘭ちゃん。

2016年3月27日2 


2016年3月27日3 


2016年3月27日4

ボールをおいて、クンクン探検。

2016年3月27日5

また元気よく走る蘭ちゃん。


蘭ちゃんの上あごに出来たもののことは

この間も、ずっと気になっていました。

もしかして…メラノーマ。。。


そして、次の日に獣医さんへ

色は、ピンク色。

メラノーマ(悪性)か、エプーリス(良性)だと思います。

とのことだったので

3月30日に、数十分の麻酔をかけ

組織の一部分を取り病理検査に

検査結果が出るまで、2週間ほどかかると聞いていたのですが

今まで、1週間から10日ほどで

出ていることがあったので

獣医さんに電話をしました。

結果は、エプーリス(epulis、歯肉腫、歯根茸腫)

良性のものでした。

先生からの最初のお話では

エプーリスでも、根本からしっかり取らないと

また、すぐに大きくなると聞いていたんですが

できた場所がよくなく、上あごの奥歯のあたりということもあり

その部分には、太い血管があり、目の神経などがある部分なので

良性との結果が返ってきていることもあり

根元から取るには、リスクが大きすぎるということもあり

エプーリスが、大きくなり歯で噛んでしまう

食べ物が食べにくくなる前に

切除するという結論に達しました。

無麻酔でも、切除することは可能です。というお話でした。

ここ数年、2年に1度(計3回)なにかができ

手術をしていますが

年齢などを考えると、麻酔などを使うことを、すごく怖く感じています。

なかなかアップできないブログ(日記)ですが

蘭ちゃんのことを、温かく見守っていただければと思います。


にほんブログ村

にほんブログ村 ゴールデンレトリバー

続きを読む

獣医さん



1月8日。

月1回の獣医さんに行ってきました。

2016年1月8日3 

看板犬のフクスケ君。

2016年1月8日4 

そして、おてもちゃん。

2016年1月8日 

誰も、来ないですか?で外を眺める 蘭ちゃん。

ワンちゃんは、苦手だけど

人は、大好きなので

撫でてくれる人が来ないか、見ていました。

2016年1月8日1 

つまらなそうなお顔の蘭ちゃん。

2016年1月8日2 

諦めたのか?伏せる 蘭ちゃん。

でも、猫ちゃんを連れて来られた

飼い主さんに、撫でてもらいました

そして、診察。

定期的に、検査をしている甲状腺ホルモンの検査と

白内障の進み具合を診てもらいました。

右目は、前と変わらず

でも…左目は1ヶ月前より

少し進んでいました

先生の話によると

1ヶ月で、白内障が進み真っ白になってしまう子もいれば

数ヶ月後という子もいれば

1年 経っても、現状維持の子もいるそうです。

個体差が、あると言われていました。



この日は、手乗りの桜文鳥3代目の風(ふう)ちゃんの命日。

何年 経っても忘れられない日。



蘭ちゃんの白内障が、少し進んできていることで

涙が出そうになり

蘭ちゃんの前では、泣かないと決めているので

蘭ちゃんには、お留守番をしてもらって

車で少し出かけて

少し泣いてしまいました。


公園でのボール遊びや

琵琶湖や海で、嬉しそうにボールを取りに泳ぐことや

雪遊びの時も、ボールを追いかけて遊ぶ

蘭ちゃんの白内障が進み

目が見えなくなって、大好きなボール遊びが

できなくなったらと、いろいろ考えてしまいました。

少しでも、白内障の進みが遅くなり

大好きなことを、できる限りさせてあげたいと思いました。



にほんブログ村

にほんブログ村 ゴールデンレトリバー

朝から大慌で獣医さん



12月12日。

パパと朝から、じゃれあってた蘭ちゃん。

あれ?!と慌てるパパ。

ママ!ここになにかできてるから、確認してと。

2015年12月12日 

この部分に、‘脂肪腫’らしきものが

慌てて、獣医さんに

この間、獣医さんからもらったのに…。

土曜日のちょうど、混んでいる時間帯でした。

2015年12月12日1 

蘭ちゃん。まったりしてるかと思うと

いろんな飼い主さんが、来るだびに起きあがって

ご挨拶をしてまわりました

みんなに大人しいねって言われて

撫でてもらった蘭ちゃん。


先生に事情を話して

コンデジ(一番上の写真)の場所に

‘脂肪腫’みたいなものが、できていることを話しました。

たぶん、‘脂肪腫’だと思うけれど

“肥満細胞腫”(癌)ということもあるらしく

注射器で、その部分の細胞をとってもらって検査をしてもらいました。

結果は、‘脂肪腫’でした。

大きくなって歩きにくそうとか

そういう場合は、手術をしたほうが

いいとのことでした。

‘脂肪腫’が、大きくならずに、いてほしいと思いました。




ここからは、さらっとながしてもらって結構ですが

先生から、聞いたことを書いておこうと思います。

“肥満細胞腫”(副作用なし)のお薬は、あるそうですが

蘭ちゃんの大きさだと

1日の薬代が、5.000~10.000円かかるそうです。

柴犬ぐらいの大きさの子でも

1日のお薬代が、5.000円ほどかかるとのことでした。

“肥満細胞腫”(癌)の場合、放射線治療しか効かないとのことでした。



にほんブログ村

にほんブログ村 ゴールデンレトリバー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。